2013年02月01日

イタリア帰省 Vol.11

【2013年1月5日(土)~6日(日)】

帰国の日。

朝早くからバッボが台所で何かを作ってくれていた。

マチェドニアと焼き栗だった。

その背中は寂しそうだった・・・

ノンナとツィアのお墓を参り、家族で昼食をとり、13時に家を出発。

見送りに来てくれたのは姉夫婦とマンマ。バッボは家をでるときに一人静かに泣いていた。

次回は何年後に会えるのだろう。胸がつまる思いだ。



ローマまでは高速を使っても3時間はかかる。制限速度いっぱいの130キロのスピードで車を走らせた。

空港には出発時間の3時間前に到着した。

チェックインを済ませて空港内を散策。

別れの時間が刻一刻とせまる。

いよいよゲートに行かなければならない時間になった。

もう先が見えないぐらい、どうしようもなく涙があふれてくる。

ゲートに向かう観光客たちは、泣いている私たちを不思議そうに見ながら通り過ぎて行く。

ここからが戦いだ。

荷物の厳しいチェックと移動の連続。

機内では夕食をめぐって目の前でCAが喧嘩を始めた・・・

喧嘩の内容は中国語なので聞き取れないが、彼女たちのジェスチャーで大体わかった。

どうやら一人のCAのカートに2種類の機内食のうち、鶏肉が切れてしまったようだ。それで仲間のCAに

CA①「鶏肉ちょうだい」

CA②「あなたにあげたら私の持ち分が足らなくなるじゃないの!」

CA①「でもこちらも困っているのよ、協力したっていいじゃない!」

CA②・・・鶏肉の器を放り投げて渡した

CA①・・・無言で回収

この光景を目の当たりにし、食べた気がしなかったのは言うまでもない。

こうして日付が変わって翌6日の21:20に成田に到着した。

荷物を受け取り、チェックをして空港をあとにした。

自宅に到着したのは23時をまわったころ。

翌日には仕事が控えている。急いでシャワーを浴び、お土産の仕分けが終わったのは深夜2時を過ぎたころだった。

こうして、ようやく長い旅が終わった。


Posted by pippo at 00:22│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。