2014年01月13日

イギリスから届いたモノとは・・・

年明けに、イギリスから荷物が届いた。
宛名は妻だ。

銀かな?と思ったけど、やはり銀だった。
これまでとは違い、なんだか大きい。

箱を開けてみると、フルーツバスケットが出てきた。

スターリングシルバー・・・うぅっ、高そう・・・



彼女は絶対に値段を教えてくれないが、決まってこう言う。

「なんでも鑑定団に出てくる人の気持ちがよくわかるよ」

家族から散々文句を言われながらも止められない蒐集。
今回の銀器は、1966年 シェフィールド製のフルーツバスケットだった。 彼女曰く、「比較的新しいものだから高くない」のだそう・・・

今、テーブルのセンターでフルーツを盛られて鎮座している。

ま、家族で使えるモノだから、いいか・・・


Posted by pippo at 18:26│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。