2013年11月24日

三つヘタの柿

柿狩りの際、妻が何か違和感を感じる柿を採ったと言っていた。

家に帰って袋から出してみると、なんと通常4つだと思っていたヘタがその柿には3つしかついていないのだ。


イタリアにも柿はあるが、ヘタが3つの柿は見たことがなかった。

いろいろ調べてみると、オモシロイことがわかった。

四葉のクローバーならぬ三ヘタの柿(笑)と思っていたら、実はこれには理由があったのだ。

柿は果皮ではなくヘタに気孔があって、酸素を取り入れて二酸化炭素を出すガス交換の6割を行っているのだとか。
果実の成長を抑制するために果実の成長期にヘタの数を調整するそう。

なるほど。 そういうことだったのか。

それにしても、今まで遭遇しなかったのは調整されている柿が少ないということか。

しばらく飾って、PIPPO好みのドロドロになったころに頂くことにしよう♪


Posted by pippo at 11:30│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。