2013年08月12日

ベビープッシャー

妻のアンティークシルバーコレクションの中に、珍しい道具を見つけた。

ベビープッシャーという道具だ。

これは、幼児がまだナイフとフォークを上手く使えない時期にカトラリーを使う練習をするもの。



イギリス・バーミンガム製(スターリングシルバー)
1929年製造
メーカーはWilliam Suckling Ltd

この道具、デンマークのKAY BOJESEN(カイボイスン)で1938年に誕生したというが、今回のイギリスのものは1929年製造となっている。

ということは、デンマークのそれ以前に既に存在していたということか。

日本では主にKAY BOJESENのものが販売されているようだ。


Posted by pippo at 14:22│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。