2013年04月30日

メダカの家をめぐって・・・!

PIPPO家の玄関前にはメダカの家が鎮座している。

メダカの家は古い火鉢を利用したものだ。



花壇づくりがひと段落したときだった。並んで庭を眺めているかと思いきや、

この火鉢をめぐって、おかあさんと妻のバトルが勃発!

なんでも、これをもらってきたときの記憶がお互いに違っているというのだ。

おかあさんによれば、この火鉢は子供のころから家にあったもので、家族で暖をとった懐かしい思い出があるからもらってきたのだという。

妻によれば、玄関前にメダカの家を据えるのであれば、火鉢がいい ということで、お店などで探したが見つからず、おかあさんから「実家にあるよ」という話を聞いて、見に行ったところ、火鉢は裏庭に放置され、水が溜まって汚れていたという。しかも何らかの原因でヒビが入り、水が漏れてしまうのだという話を叔父から聞いたが、それでも欲しいと伝えると、それだったら洗っておくから後日取にくるように言われたという。

最終的にもらってきたのは、おかあさんだが、彼女によれば裏庭の軒下にきれいに保管されていたという。

それを聞いた妻は、それは最初に行ったときに汚れていたから、叔父が洗っておいてくれたものだと主張。そのときに実は叔父自身が割ってしまったのだという話を聞いたというのだ。

どちらともいえないが、このままでは平行線なので、一旦集結させてその日は収めた。

このバトル勃発により、おとうさんとPIPPOはあきれ顔。

もらってきた経緯よりも、「今、メダカが喜んでいれば、それでいいじゃないか」と思うのであった・・・

あぁ・・・


Posted by pippo at 10:54│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。