2013年03月03日

水戸の卒業式!

昨日は、PIPPOがお世話になっている専門学校での卒業式だった。

PIPPOにとって4度目の卒業式だ。

妻も同席しての参列だった。

妻は、学校長式辞を拝聴させていただくために、校長先生のご厚意で年に二度ほど(入学式と卒業式)お邪魔させていただいているのだ。

今年の心に沁みるお話は、「忘己利他(もうこりた)」についてだった。

「「もう懲りた」ではないですよ」とは校長談。

これは平安時代の僧、伝教大師最澄(767-822)の「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」というお言葉で、「自分のことは後にして、まず人に喜んでいただくことをする、それは仏さまの行いで、そこに幸せがあるのだ。」という、ありがたい説法。
「つまり我欲が先に立つような生活からは幸せは生まれないよ」ということを説いているのだそうです。

もうひとつのありがたいお言葉は、

「霧の中を行けば覚えざるに衣しめる。
   よき人に近づけば覚えざるによき人となるなり」

これは孤雲懐奘禅師が鎌倉時代初期の禅僧、道元禅師の説法を記した『正法眼蔵随聞記』の中にある一文だ。

「霧のなかを歩いていると、気がつかないうちに衣がしめっている。
  魅力的な人に親しんでいると、いつの間にか自分も高まり深まり魅力が香ってゆく」

妻はこのお話を拝聴して、今、身辺で起きている様々なことを「忘己利他」の精神で乗り切ることにしたそうだ。
それはPIPPOにとって朗報であることを祈るばかりである。



そしてPIPPOは巣立っていく学生たちに2つの言葉を贈った。

1.今という時間は二度と戻ることはない。だから時間を大切に使ってほしい

2.社会に出るといろいろな人がいる。だから何事があっても自分をしっかり持って、前向きに突き進んでほしい

PIPPOも妻も、学校長を尊敬している。

彼の人徳は、この学校で教鞭をとっている教師陣、職員、学生をみているとよくわかる。

彼のような「人」になれるよう、PIPPOも精進していきたいと思う。

とても感動的な卒業式だった。
感動で、涙腺がゆるみっぱなしであった。


Posted by pippo at 14:06│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。