2013年02月10日

節分の日

2月3日の節分の日。PIPPO家では大変な事になる・・・

これが恥ずかしいのだ。

「最近では、あまり見かけなくなった」とは、おとうさんの談。

おとうさんもPIPPO同様、恥ずかしいと思っているひとりである。

そう、家じゅうの窓やドアを開けて、アレをやるのだ。

「鬼は~~~~~~外、福は~~~~~うち」

近所中に轟くような声を張り上げて、赤面状態である。

おとうさんの言うように、確かに近所のどの家からも聞こえてこない。

その傍らで、おかあさんがお腹を抱えて笑っている。

PIPPOが日本に来るまでは、これを妻がやらされていたらしい。

今ではこの役目をPIPPOにバトンタッチして知らぬ顔の妻・・・

豆をまくのは恥ずかしいが、この豆はPIPPOの好物なのだ。そう、納豆は食べられないのにである。

ということで、豆まきの前に歳の数だけ豆を食べてしまったのである・・・幸い豆は「これでもかっ」というほど買ってあったので事は足りたが・・・



その後は、一言も話さずに一方向を向いて恵方巻を食べたのであった。

毎年、とても不思議な行事だと思うPIPPOであった。


Posted by pippo at 14:53│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。