2012年06月10日

Compleanno della mamma!

土曜の夜は、おかあさんのバースデーパーティをした。

遅い時間ということもあり、温野菜をメインにした料理だ。

ポークの香草焼きは、イタリアの修道院に伝わる調理法でつくってみた。

ケーキは近所のケーキ屋さんでチョイス!

プレゼントはクッキーの詰め合わせとアチェートバルサミコだ。

このアチェートバルサミコの産地、モデナでは先日の大地震による被害が甚大だったようだ。

連日のニュースで、その被害の大きさを報じている。

パルミジャーノレッジャーノも例外ではなく、熟成させている倉庫が倒壊し、被害は大きい。

実は今、妻が凝っているのがアチェートバルサミコだ。

買い集めて、その味を比べているらしく、中でもおススメのモノを今回のプレゼントに選んだようだ。

バルサミコには、有機酸のほかに、活性酸素を減らして老化防止の効果があるポリフェノールが含まれているそうで、プレゼントを渡しながら「食べる美容液だ~」と叫びながら、一人で盛り上がっていた。

イタリアでは、昔から貴族の薬として有名な酢だが、当時はお医者さんから処方箋を出してもらって飲んでいたようだ。

現在のように「食」として用いられるようになったのは200年ほど前からだという。

毎朝スプーン一杯のバルサミコを飲むと良いというのは、処方箋の名残なのかもしれないが、たしかに体に良さそうだ。

どうやら内外からのケア、特に体内ケアに興味を持ち始めたようだ。

それだったら、アルコールを控えればいいのに・・・と思うPIPPOであった。

こうして、おかあさんのバースデーパーティーはお開きとなったが、なぜか酔っ払いの妻は「ひとり宴会」を楽しんでいるようだった・・・



Posted by pippo at 11:34│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。