2012年03月31日

スコップ型のキャディスプーン!

PIPPOの家には、デザインの面白い小さなスプーンが幾つかある。

これらの正体はキャディスプーン(茶葉の計量用のスプーン)だ。

その中にスコップの形をしているものがある。

スコップ型はバーミンガムで多く製造されているデザインで、他の地域ではあまり見かけない。その形状から、すぐにバーミンガム製であることが分かるらしい。

かなり古いスプーンだが、なんとこの小さなスプーンには5つもの刻印がついているではないか!



これらの刻印から次のような情報を読み取ることができる。

Standard Mark :銀純度刻印 ライオン(スターリングシルバー)
Assay Mark    :産地刻印 イカリ(バーミンガム)
Date letter    :年号刻印  C (1826年製造表示の C )  
Maker's Mark  :製造工房  IB( John Bettridge )
DutyMark     :ウィリアム国王 4世 (ジョージアン)

特にDutyMark(納税マーク:国王ウィリアム四世の横顔の刻印)がつけられているものは、英国の課税対象とされていたもので、イギリス王国に納税をした証明となるものらしい。

ハンドル部分には白蝶貝(マザーオブパール)が使われているが、この手のキャディースプーンで状態の良いものは現地(英国)でも入手が困難なのだそうだ。

カフェの粉をモカにセットするときに使ってみたいが、妻の許可が下りるはずもなく、使うことはままならないだろう・・・


同じカテゴリー(アンティークシルバー)の記事画像
イギリスから届いたモノ♪
イギリスから届いたモノ♪
イギリスから届いたモノ♪
イギリスから届いたモノ♪
サーバー&フォーク
シェル型のソルトディッシュ♪
同じカテゴリー(アンティークシルバー)の記事
 イギリスから届いたモノ♪ (2012-03-11 19:07)
 イギリスから届いたモノ♪ (2012-02-18 09:06)
 イギリスから届いたモノ♪ (2012-01-08 01:24)
 イギリスから届いたモノ♪ (2011-11-15 22:25)
 サーバー&フォーク (2011-09-15 22:58)
 シェル型のソルトディッシュ♪ (2011-08-28 14:42)
Posted by pippo at 19:23│Comments(0)アンティークシルバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。