2011年10月29日

オペレッタ 『天国と地獄』 in 川口LILIA

三月に公演予定だったオペレッタ 『天国と地獄』(地獄のオルフェ)だが、震災のため延期になっていたが、ようやく今月の25日に川口総合文化センターLILIAで開催されることになった。

PIPPOは舞台美術担当だ。 『天国と地獄』といえば、日本に来て初めて地域の運動会に参加したときに流れていたBGMが強烈な印象として残っているが、この序曲は1860年にドイツ語版で初演されたときのダンスシーンのBGMとして編曲され、流されたものらしい。

この第3部のテンポのよい序曲はあまりにも有名だが、それが影響したのか原作はフランス語だが、ほとんどがドイツ語で公演されているという。 

今回の舞台は、地獄のイメージとしてCUORE(ハート)をデザインした。 これはオルフェの妻エウリュディケーを表現したものだ。 他の場面ではトスカーナの丘陵地帯にある墓地に見られる糸杉をイメージしてデザインした。 



さあ、いよいよ開演だ。 どんなオペレッタになるのか楽しみだ♪

全2幕4場のオペレッタはテンポよく進み、松山氏のわかりやすく楽しい演出で、あっという間に3時間が過ぎた。 

今回の舞台美術の出来はどうだったか、観客にはどう映ったか・・・、そんなことを考えながら舞台袖でカーテンコールの出番を待っているPIPPO。 いよいよ出番だ! 松山氏と一緒に舞台の中央へ。 観客から放たれる拍手の波動を全身に受け、その数だけ評価をいただけたような、そんな錯覚さえ覚えさせてくれるほどのたくさんの拍手。 深くお辞儀をして舞台袖に戻る途中、全身を感動が駆け巡った。

これが「達成感」だ! またひとつ大切なことを学んだような気がする。

松山氏、そしてスタッフのみなさん、何よりも、この舞台を観てくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

Grazie mille!!!


同じカテゴリー(アート・芸術)の記事画像
三菱一号館美術館ショップ!
カンディンスキーと青騎士展 in 三菱一号館美術館
デッサンの道具
東京スカイツリー♪
仮面舞踏会 in ティアラこうとう!(第18回江東オペラ)
『カルメン』 カーテンコール
同じカテゴリー(アート・芸術)の記事
 三菱一号館美術館ショップ! (2011-02-05 16:34)
 カンディンスキーと青騎士展 in 三菱一号館美術館 (2011-02-05 16:10)
 デッサンの道具 (2010-07-23 23:52)
 東京スカイツリー♪ (2010-06-09 21:28)
 仮面舞踏会 in ティアラこうとう!(第18回江東オペラ) (2010-04-04 13:49)
 『カルメン』 カーテンコール (2010-02-20 00:42)
Posted by pippo at 21:44│Comments(0)アート・芸術
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。