2011年09月15日

サーバー&フォーク

イギリスから届いた銀器の中に、あまり使用感のないサーバーとフォークを見つけた。



それは目立った傷もなく、とても91年前に製造されたモノとは思えないほどに斬新なデザインの銀器だ。

ホールマーク(刻印)を見れば、1920年製造であることが確認できるが、それにしてもキレイだ。

1920年は大正9年にあたる。

90年以上も磨きをかけていれば多少の減りがあり重量も軽くなっているだろうが、ずっしりと重い。

製造当初はもっと重かったのだろう。

アッセイオフィスはロンドン。

刻印のライオンヘッドがその証だ。

ハンドル部分はブライトカットで装飾されたオールドイングリッシュパターン。

スプーンのボウル部分は珍しい円形のヘラ状になっているのが面白い。

デザート用のサーバー&フォークとして重宝しそうだ。

妻の留守中にこっそり使わせてもらうことにしよう。


同じカテゴリー(アンティークシルバー)の記事画像
スコップ型のキャディスプーン!
イギリスから届いたモノ♪
イギリスから届いたモノ♪
イギリスから届いたモノ♪
イギリスから届いたモノ♪
シェル型のソルトディッシュ♪
同じカテゴリー(アンティークシルバー)の記事
 スコップ型のキャディスプーン! (2012-03-31 19:23)
 イギリスから届いたモノ♪ (2012-03-11 19:07)
 イギリスから届いたモノ♪ (2012-02-18 09:06)
 イギリスから届いたモノ♪ (2012-01-08 01:24)
 イギリスから届いたモノ♪ (2011-11-15 22:25)
 シェル型のソルトディッシュ♪ (2011-08-28 14:42)
Posted by pippo at 22:58│Comments(0)アンティークシルバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。