2011年09月01日

鶏肉とほうれん草とパンチェッタと♪

渦巻き模様がカワイイ鶏肉料理だ。

"Involtini di pollo con spinaci e pancetta"

PIPPOオリジナルの一品♪



鶏肉で巻かれたほうれん草がジューシーでBuonissimo!!!

いま、台風12号Talasがゆっくりと北上しているようだが、

今回の料理は、そんな"il ciclone"(伊:イル・チクローネ=台風)のような形をしている。

"il ciclone"で思い出すのが1996年のイタリア映画"Il Ciclone"だ。

邦題は『踊れトスカーナ!』だったかな。

レオナルド・ビエラッチョーニ監督で、出演が監督自身とロレーナ・フォルテーザ、バルバラ・エンリーキ、マッシモ・チュッケリーニ、セルジオ・フォルコーニなどで、トスカーナ出身の役者が多い。

ストーリーは、トスカーナの片田舎に、まるで台風のようにやってきたフラメンコダンサーの団員、カテリーナ(ロレーナ・フォルテーザ)と監督演じる町の会計士レヴァンテが恋に落ち、レヴァンテは生まれ育った故郷を離れてカテリーナと一緒にスペインへ。という単純なラブコメディーだが、イタリアを離れて改めてこの映画を観てみると、トスカーナの田舎町、そこに暮らす人々の様子をとてもよく表現していることに気づかされる。 

中でもPIPPOが心を打たれるシーンは、レヴァンテが町に出るためにいつも通っている道沿いにある祖父の家の前を通るたびに "Gino!(ジーノ)" と声をかけ、それを受けてお祖父さんが "Dimmi Levante!(ディンミ・レヴァンテ=レヴァンテ言って!)"と答えるのだが、結婚のためスペインに発つ朝、"Gino!(ジーノ)" と声をかけても返事が返ってこない。そう、もうGinoはこの世にいないのだ・・・そんな思いを胸に家の前を通り過ぎるシーン。 

PIPPOにとって、このシーンが印象に残るのは、ノンナ(お祖母さん)と重ね合わせてしまうからだろう。

このGino演じる故マリオ・モリチェッリはトスカーナ出身の映画監督で、出演者からの熱烈なラブコールに応えて声だけの出演という条件で、この映画に出演したというエピソードがある。

この映画のすごいところは、トスカーナの雰囲気をそのまま伝えているところだとPIPPOは感じている。 何度観返しても面白い映画だ。

鶏肉料理からだいぶ話が脱線したが、この料理をいただきながら映画鑑賞もよさそうだ♪ そうそう、ワインを忘れないように♪


同じカテゴリー(クチーナ)の記事画像
久しぶりにPIZZAをつくった!
鯖を使ったイタリアン♪
休日の料理♪
夕食会!
エコなイタリアン♪
陽気にイタリアン in ふれあいプラザ!
同じカテゴリー(クチーナ)の記事
 久しぶりにPIZZAをつくった! (2012-01-04 17:56)
 鯖を使ったイタリアン♪ (2011-11-30 22:54)
 休日の料理♪ (2011-11-06 15:57)
 夕食会! (2011-10-10 19:50)
 エコなイタリアン♪ (2011-09-04 18:15)
 陽気にイタリアン in ふれあいプラザ! (2011-08-21 18:54)
Posted by pippo at 11:06│Comments(0)クチーナ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。