2011年02月11日

妻の誕生日に届いたもの!

今日は妻の誕生日。
朝起きて、今日のメニューを考えていると
「ピンポーン♪」
ん?雪の舞う中、門の向こうに郵便局の人が荷物を持って立っている。
何が届いたのだろうか?
すると妻が慌てて玄関を飛び出していった。
ん?
荷物を受け取った妻が満面の笑みで戻ってきた。

「何が届いたの?」と聞いてみると、なんでも自分への誕生日プレゼントなのだそうだ。
箱を開けてみると、アンティークらしきものが!

一つはワインオープナーだ。
これは120年前のイギリス製のコルクスクリューで、PIPPOも一目で気に入った。
今は絶版になってしまった土器典美著の『週末、山の家に行く』に登場するのと同じタイプのオープナーだそうだ。



もう一つは、1871年にロンドンで製造されたアンティークシルバーのスプーンだ。



さらにショップからの粋なプレゼントが入っていたようだ。
フランス製のアンティークシャンデリアのガラスパーツ”ドロップ”。
”サンキャッチャーにして、幸せを呼びましょう!”というメッセージが添えられていた。



なんだか妻が好むモノはアンティークが多いうえにマニアックなものばかり。
PIPPOにとって、妻へのプレゼント選びが難しいのはこのためだ。

そういう意味では、確かに自分へのプレゼントというのもアリだな。


同じカテゴリー(アンティーク)の記事画像
Fabbricato in ITALIA Febbraio
アンティークのペーストガラスバックル
お気に入りの水切りボウル♪
古木の小さな椅子
聖年のメダル 1925
古いスツール
同じカテゴリー(アンティーク)の記事
 Fabbricato in ITALIA Febbraio (2012-02-18 13:54)
 アンティークのペーストガラスバックル (2011-09-04 17:46)
 お気に入りの水切りボウル♪ (2011-08-27 12:56)
 古木の小さな椅子 (2011-06-20 21:50)
 聖年のメダル 1925 (2011-05-14 01:39)
 古いスツール (2011-04-30 13:53)
Posted by pippo at 13:43│Comments(0)アンティーク
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。