2010年12月26日

Cena di NATALE!~クリスマス料理~




25日、PIPPOの朝は早い。

そう、リコッタチーズを作るためだ。
このリコッタチーズは、パスタの具材にするのだ♪

同時進行でドルチェもつくる。
大忙しである。

店が開店する10時にあわせて足りない食材の買出しがスタート!

肉、豆、小麦粉etc.

さぁ、いよいよ料理づくりがスタート。
まずはパンづくりから。
生地をこねて発酵させるのだ。
パンの生地がスゴイ勢いで発酵をはじめた。
グングン大きくなり、いよいよオーブンへ!

パンをオーブンへ入れ、今度はパスタソースをつくる。
今回はトスカーナのラグー(トスカーナのミートソース)だ。
弱火でコトコトと2~3時間煮込んだら出来上がり!

ソースを煮込んでいる間に、パスタの生地をこねる。
冷蔵庫で少しねかせてから、パスタマシーンにかけて伸ばしていく。
伸ばした生地の上に、手づくりのリコッタチーズとスピナーチを合わせた具を
のせて、その上にもう一枚の生地をかぶせて、ラビオリカッターでくり抜く。

ん~、ふっくらとした仕上がり!見た目もカワイイ♪

しかし、ゆでたときに生地が爆発して中身が出てしまうことを懸念したPIPPOは
ラビオリカッターを使うことを躊躇していたが、その横で妻は平然とラビオリをくり抜き続けている。

破裂したらどうしよう・・・
そればかりが心配なPIPPOに
「ほら!ひとつ茹でてみなよっ!」
コワイ顔をした妻にラビオリを一つ手渡されて茹でてみた。

お!なんと!破裂しない。
最近のカッターは良くできているものだ。

細心の注意を払いながら料理をするPIPPOとは対照的な妻の肝っ玉料理には驚かされることが度々ある。
このラビオリの一件では、危うく妻の地雷を踏んでケンカが勃発するところだったのである。
せっかくのクリスマスが台無しになるところであった。

おっと!忘れてた!
レンズ豆を水につけておかねば!

そう。この豆はレンティッキエといって、本来であれば大晦日に食べる豆なのだが、今回はポークグリルとあわせてクリスマスに食べることにしたのだ。

そうこうして、全ての料理が完成して、いよいよパーティー開始!

まずは、Castello di Verrazzano(キャンティ・クラシコ)で乾杯だ!


同じカテゴリー(クリスマス)の記事画像
Regalo di Natale! プレゼント大交換会!
イタリアのクリスマス! ナターレ♪
Regaro per Natale!
一日遅れのクリスマス!
パネットーネ開封!
オーボンヴュータン ②
同じカテゴリー(クリスマス)の記事
 Regalo di Natale! プレゼント大交換会! (2010-12-26 11:36)
 イタリアのクリスマス! ナターレ♪ (2010-12-24 22:34)
 Regaro per Natale! (2010-12-05 23:45)
 一日遅れのクリスマス! (2009-12-27 18:16)
 パネットーネ開封! (2009-12-26 18:07)
 オーボンヴュータン ② (2009-12-24 00:24)
Posted by pippo at 11:04│Comments(1)クリスマス
この記事へのコメント
お料理楽しそうに
最高の雰囲気ですね
Posted by ryuji_s1 at 2010年12月29日 12:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。